莫大な税金納入に貢献するも白眼視される愛煙家:ブアメラが救世主

公開日: 2015/11/10 Buah Merah Buah Merah 500VE Dr. Nishigaki Papua パプア ベータ・クリプトキサンチン 喫煙 肺がん

愛煙家は救われるか?

たばこ税は現在、一般的な銘柄で1本当たり12・244円で、今年度の税収は国・地方合わせ約2兆円。
たばこ税に消費税を合わせた、たばこ1本当たりに占める税金の割合は6割を超えている。
にも拘らず、現在では健康音痴、悪害をばらまく元凶、がんをばらまく、などなど喫煙場所も限られ、挙句の果てには20歳を明らかに越えているにも拘らず、「自分の年が20歳以上か確認しろ」とコンビニのマニュアル奴隷の従業員に指図される始末。

戦前は、天皇陛下は兵士に恩賜煙草で労をねぎらったものです。
タバコと肺がんの関係が疑われだしたのはごく最近のこと。
戦前は肺がんそのものの病気がほとんどなかった。
喫煙率が下がっているにも拘らず、日本では肺がん患者は増えているという疑問。



タバコの含まれる放射性物質ポロニウムは、アメリカから輸入されるタバコ用肥料に多く含まれている。

動物実験で喫煙による肺がんが生じるという成績は無い。
ニコチン含量を減らしているが、アンモニアを加え脳への吸収を高め、嫌な匂いの原因とさせている。
喫煙による扁平上皮がんは、肺がんの中で約30%であるに対し、約60%は腺がんで女性で急増している。


腺がんも喫煙の所為にしているのが、医師でありマスメディア。
愛煙家を肺がんと結び付けることで、どこかの産業のスケップ・ゴートにされているのではかと思う。
ディーゼルエンジンの排気ガスは、腺がんを引き起こすことがラットを用いた実験で確認されている。


20歳から40数年の愛煙家として、禁煙はできない。
しかし、扁平上皮がんにはなりたくない思いで行きついたのが、パプアの稀少植物赤い果実のブアメラ。
ブアメラに含まれるベータ・クリプトキサンチンは、明らかに肺がんの抑制があり、動物実験でも世界中で行われている疫学研究で明らかになっています。


喫煙は、血液中のベータ・クリプトキサンチンの濃度をはっきりと低下させます。
愛煙家は、努めてベータ・クリプトキサンチンを緑黄色野菜や果実から摂取する必要があるのです。
ブアメラは、ベータ・クリプトキサンチン提供の最も優れた果実オイル。





  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A